抗うつ剤

アリピゾル ARPIZOL 20mg【エビリファイ・ジェネリック】100錠の効果と副作用

アリピゾル 20mg 100錠
アリピゾルは新しいタイプの非定型抗精神病薬で、第3世代抗精神病薬と呼ばれるエビリファイのジェネリック医薬品です。
アリピゾルの有効成分であるアリピプラゾールは、統合失調症、双極性障害における躁状態の改善、うつ病、既存状態で十分な効果が認められないうつ状態に効果を発揮します。
統合失調症は、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)がありますが、アリビゾルは、その両方に効果を発揮し、ドーパミンという神経伝達物質の働きを調整し脳内の情報伝達系の混乱を改善します。
アリピゾルは眠気や体重増加をきたしにくく、長期の継続服用が可能であるという特徴があります。

服用方法は、一般的には1日1回15mgとされていますが、初めて服用される方は10mgから開始したほうが良いかもしれません。年齢、症状により増減するため、詳細は、医師の指示に従ってください。

主な副作用として、不眠、神経過敏、不安、めまい、頭痛、傾眠、鎮静、浮動性めまい、落ち着きのなさ、うつ病、幻覚、妄想などがあります。
また、極稀ですが重篤な副作用として、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、まひ性イレウス、アナフィラキシー様症状、横紋筋融解症、横尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、けいれん、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症があります。これらの副作用が見られた場合は直ちに服用を中止しして、医師に相談して下さい。

アリピゾル ARPIZOL 20mg 100 pills in 1 box

http://sigmasolns.com/arpizol_20_100_in_1/

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top