アロプリノール 100mg【ザイロリック・ジェネリック】28錠の効果と副作用

アロプリノール 100mg 28錠
アロプリノールは、尿酸の生合成をおさえ、体内で尿酸がつくられるのを抑える効果がある尿酸降下薬であるザイロリックのジェネリック医薬品です。痛風関節炎や痛風結節、尿酸結石、高尿酸血症を伴う高血圧症などの治療および予防に用いられています。

有効成分であるアロプリノールは、サンチンオキシダーゼという酵素の働きを阻害することで尿酸をできにくくするので、血中や尿中の尿酸値が低下します。このような作用からキサンチンオキシダーゼ阻害薬と呼ばれています。
アロプリノールは、尿酸産生過剰型の人や尿路結石を合併している人にも効果があります。
アロプリノールは血中や尿中の尿酸値を効果的に低下させることができるので、痛風(高尿酸血症)の第一選択薬になっています。

通常、成人は症状が軽度の場合は100~200mgを、中等度の場合は300~600mgを、重度の場合は700~900mgを1日2~3回に分けて食後に服用して下さい。
15歳未満の小児の場合は、10~20mg/体重、もしくは100~400mgを1日2~3回に分けて食後に服用して下さい。
なお、肝臓の悪い人は、定期的に肝機能検査を受けるようにして下さい。

主な副作用は、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、むくみ、眠気、貧血、白血球減少、紫斑、好酸球増多、リンパ節症、脱毛などです。発熱、アレルギー症状(発疹,かゆみ,関節痛)、肝・腎機能障害、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症などがおこったときは使用を中止してください。これらの症状や、他に気になる症状が現れた場合は直ちに服用をやめて医師を受診してください。

アロプリノール Allopurinol 100mg 【ザイロリック・ジェネリック】 28錠

http://sigmasolns.com/allopurinol_100/

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)